宇津山製茶のこと

宇津山製茶のこと

茶葉 一葉一葉に想いを込めて

宇津山製茶は静岡県の西部 浜松に店舗を構え、自社で製造した煎茶・紅茶・ほうじ茶などを取り扱うお茶専門店です。

当園のお茶は三方ヶ原台地から山間部、そして天竜川と浜名湖に囲まれた豊かな土地でこだわり育てた茶葉を平地独特の渋みと旨みのバランスのとれたお茶に仕上げて、香り豊かで味わい深い「味香多茶」として自社で製造・販売しております。

茶葉 一葉一葉に想いを込め、日々、真面目に育て、丁寧に丁寧に仕上げ、皆様の安らぎの時間にお供する、味良し、香り良しの美味しいお茶を作っております。

宇津山製茶の屋号


牛が三つ並んだちょっと馴染みのないこの漢字、〇で囲ってなんて読むの?
まるうしさん?ぎゅーぎゅーぎゅー?
当店の屋号であるこのしるしについての質問をよくいただきます。

このしるしは当社の屋号で「まるわし」と読みます。

当社 初代 宇津山 犇蔵(わしぞう)が、浜松の地にて昭和4年自園による荒茶製造を始めましたのが、宇津山製茶のはじまりです。
その後、荒茶販売取引の為、見本缶に自分の名前から一字をとり、犇を〇で囲った「まるわし」印で取引を始めました。

犇という字は犇めく(ひしめく)と読み、大勢の人が1か所に隙間なく集まるという商売には縁起の良い字でもあり、以後この「まるわし」印を当社の屋号として使用しております。

地産商品へのこだわり

当社は地元浜松に茶畑をもち、地域の特色を生かしたお茶づくりを心がけております。
その一つが 純浜松産の茶葉で作る紅茶「浜名紅茶 はまなこうちゃ」です。

浜松は全国的に日照時間が長く紅茶の産地に適しており、明治時代初期には紅茶製造が盛んに行われておりました。
しかし、戦争を挟んで資源不足や外国産紅茶の台頭などにより衰退していきました。

浜名紅茶は明治時代に浜松で花開いた紅茶文化を今一度復活させようと純浜松産茶葉にこだわり製造をした紅茶です。

浜名紅茶の特徴は、外国産紅茶に比べ渋みが少なく旨味が多くございますので、砂糖がいらずストレートティーで美味しくいただけます。

お茶の安全性について

農薬についての安全性は、農薬取締法で定められており、また食品衛生管理法では農薬残留安全基準が定められております。
当社では、最小限の散布を心掛け、十分に注意を払いながらお茶の栽培をしており、安心・安全なお茶作りに励んでおります。